STORY

night sea

YONAGIは、夜のリラックスタイムを彩るプレミアムほうじ茶ブランドです。

静岡県産の茶葉を丁寧に焙煎したこだわりのほうじ茶をベースに、独自ブレンド3種類を開発しました。

ブランドローンチに伴い、期間限定の特別価格でお届けいたします。

「ほっ」と一息、つけていますか?

a relaxing man

私たち現代人は、日々「生産性」や「効率性」を求められ過ごしています。


SNSやネットニュースからは常に大量の情報が流れてきて、感情が追いつかないことも。

そんな毎日の中、知らず知らずのうちに疲弊してしまうことも多いのではないでしょうか。

ほうじ茶を淹れて、スローダウン

毎日を忙しく過ごす私たちにとって、日常の喧騒から離れ「ほっ」と一息つく時間が必要です。

お湯を沸かして、カップに注ぐ。

茶葉が開くのを、じっくりと待つ。

焙煎の華やかな香りが部屋中に広がり、五感で"いま"を味わう。

そんなひとときは自然とスローダウンをもたらし、心をゆるめるはずです。

"いま"を味わう「プチ・リトリート」を

a relaxing woman

YONAGIのほうじ茶と過ごす、目的を持たない静かな時間。

たまにはスマホをOFFにして、心の声に耳を澄ませたり。


ずっと読んでみたかった本を、開いてみたり。

過去や未来、デジタルと切り離された"いま"を純粋に味わうと、ありふれた日常が違って見えることも。

そんなひとときに、YONAGIは寄り添います。

名前に込めた想い

ブランド名のYONAGIは、大和言葉に由来しています。

波風のない水面のようなこころと、
和を感じて「ほっ」とするひととき。

そんな体験を届けたいという想いを、名前に込めました。

先行販売の特設サイトへ

YONAGIのこだわり

japanese tea ceremony

1. ほうじ茶を再発見する、感動の独自ブレンド

裏千家茶道家・岩本宗涼氏が運営する(株)TeaRoomが監修。
300種類以上の原料から吟味し、夜のリラックスタイムにピッタリの、独自ブレンドを3種類開発しました。
普段何気なく飲んでいたほうじ茶の新しい可能性に触れる、極上の一杯です。

modern bed

2. おやすみ前に飲みたい成分

YONAGIのほうじ茶は、低カフェインなだけではありません。
健康・美容業界で注目されているGABAを配合し、夜のリラックスタイムをサポートします。

部屋に飾りたくなる、アートのようなパッケージ

人気イラストレーターの凪さんに、パッケージイラストを書いていただきました。
眺めるだけで心が癒され、思わず部屋に飾りたくなるアートのようなデザインを意識しました。

衰退産業と言われる日本茶を元気に

日本茶は今や、衰退産業と言われています。

急須でお茶を淹れる習慣の減少、ペットボトル飲料の市場シェア拡大などを背景に、茶葉の買取価格が下落しました。

日本茶農家の平均年収は90万円とも言われ、事業存続も厳しい方が増えています。

そんな状況を変えるべく、YONAGIは「夜にプレミアムほうじ茶を飲む」という新たな文化の創造を通し、高級茶葉の需要創出に挑戦します。

そして中長期的なグローバル展開を通じ、中国・インド・スリランカ等に比べマイノリティである日本茶の、国際的なプレゼンス向上に取り組みます。

100年以上も昔、岡倉天心は著書『茶の本』で海外向けに茶道を紹介する際、「日常生活の俗事の中に存する、美しきもの」への崇拝を説きました。

YONAGIはそんな日本的美意識をブランドの中核に据え、日本文化を世界に発信するライフスタイルブランドの構築を追求します。

そしてお茶農家への適正な収益還元を通し、地域経済・伝統産業に貢献してまいります。

先行販売の特設サイトへ